お布施の相場とは | 知っておくべき納骨堂の様々な知識を提供していきます。

知っておくべき納骨堂の様々な知識を提供していきます。

お布施の相場とは

cemeteries and graves

納骨堂では、儀式の際にお礼としてお布施を渡す風習が日本にはあります。お金がない人にとっては少々痛い出費になりますが、もはや今となってはお布施をあげることが常識と化してきましたので、あなたも納骨堂を利用する際にはお布施の存在を忘れないようにしてほしいと思います。ちなみにこのお布施、一体どれくらいの金額を包めば良いの?と疑問になるところですよね。答えとしてはお布施に必要な金額は特に定められていません。つまりあなたが思う金額を包んであげれば良いわけです。ただ参考までに一応納骨堂を利用される方に向けて、世間でのお布施の相場を教えておきたいと思います。例えば読経に関して、葬儀の場合は20万円から30万円ほどをお布施として渡す傾向にあります。そして法事の場合は3万円くらいが妥当な線だと言えるでしょう。法事は三回忌以降になると1万円くらいまで少なくなることも多くありますね。さらに戒名をつける時にもお布施が働くことがあります。戒名に関してはランクによって異なるので、お布施全体の相場がすごく左右されてきます。あと細かいお布施としてはお車代で5000円くらい渡してあげたり、御膳料としてこちらも5000円から2万円くらい渡してあげるといったことをします。あなたがこれからどんな納骨堂を利用するのかによってこの相場も変動しますので、まずは親戚やお寺の人と相談することをおすすめします。ちなみに納骨時のお布施も3万円前後が一般的だと言われているので、やはりある程度お金を用意しておく必要が出てきます。